読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityを学び始めたときのメモ

Unityではゲーム全体をプロジェクトと呼ぶ。 そしてプロジェクト複数シーンを持つことができる。 シーンには、ゲームオブジェクトという要素を配置する。

メインカメラシーンをどの角度でどの位置から見るかを定義して、照明を配置する。

一つ一つのゲームオブジェクトに対して、スクリプトを設定できる。 スクリプトC#javascriptで書くことができる。 startメソッドupdateメソッドが定義されていて、そこに処理を書いていく。

直線運動、バウンドなど物理エンジンは自分で計算する必要はない。 物理計算を行うオブジェクトが用意されていて、 そのオブジェクトのことをコンポーネントと呼ぶ。

例えば、音を出す機能もコンポーネントという単位で作成する。 ゲームオブジェクトコンポーネントを合成していって、 ゲームを作っていく

色も同じ考え方でマテリアルというオブジェクトがあって、 ゲームオブジェクトに対してマテリアルを登録していく。