JenkinsのXcode pluginでXcodeのバージョンを切り替える方法

iOSアプリのビルド、テスト、アーカイブをJenkinsのXcode Pluginでやってる人向け。

古いiOSバージョンのアプリに対応するために古いXcodeが、 逆にiOS8をビルドするためには最新のバージョンのXcodeが必要です。 そのときに、Xcode Pluginで利用するXcodeのバージョンを切り替える方法です。

大切なのは、DEVELOPER_DIRを指定すればいけます。

手順

  • まずは複数Xcode共存させるため古いXcode.appをリネームする。例えばこんな感じ。アップデートしちゃった人は古いのはDev Centerから落とせます。
/Applications/Xcode4.app
/Applications/Xcode5.app
/Applications/Xcode.app
  • JenkinsのEnvInjectプラグインを入れておく
  • 例えばXcode5でビルドしたいときは、Jenkinsの環境変数をインジェクトで以下のように環境変数を設定する
DEVELOPER_DIR=/Applications/Xcode5.app/Contents/Developer
  • あとは普通にXcode Pluginでビルド

参考