読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git2.1をCentOS6にtgzからインストールする

CentOS6で、yumで入るgitのバージョンが1.7で、1.7だとgit mvを経由しないでmvした場合に、git addしただけだとrenameを検知してくれなかった。ローカルPCのMacのgit(2.0)だとできたからgitも進化してるんだなーと思った。

まぁそんな前置きはおいといて、CentOSに新しいgitをインストールする。 yumでできたらいいんだけど、公式見てもググっても出てこなくて、基本ソースからコンパイルするしかなさそうだった。

How to install the latest GIT version on CentOS | HowtoForge - Linux Howtos and Tutorialsを参考にする。

# 1. まず最初のyumで入れちゃってたやつを削除
yum remove git
# 2. 参考URLのやつとプラスperl-ExtUtils-MakeMakerってやつもないとエラーになった
yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel gcc perl-ExtUtils perl-ExtUtils-MakeMaker
# 3. 参考URLと違って/usr/local/に置きたい
cd /usr/local/src/
wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.1.0.tar.gz
tar zxvf git-2.1.0.tar.gz
cd git-2.1.0
# 4. コンパイル
./configure –-prefix=/usr/local/
make prefix=/usr/local all
make prefix=/usr/local install

追記 2014/8/29
CentOS5.3にOpenSSH6.6をインストールする - 文系プログラマによるTIPSブログで指摘して頂いたように、 間違って、./configure --prefixのところを、./configure -prefixと書いてしまってたので直しました。