CGPDFBox

CGPDFBoxが一体何を表してるか分からなかったけど、全部試してみたら何となく分かったかも。
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/GraphicsImaging/Reference/CGPDFPage/Reference/reference.html

全種類で試して、CGPDFPageGetBoxRectしたら、
kCGPDFMediaBoxとそれ以外で差が出た。それ以外は全部同じ値。

kCGPDFMediaBox : {{0, 0}, {595.22, 842}}
kCGPDFCropBox : {{27.61, 61}, {540, 720}}

kCGPDFMediaBoxは本当のPDFの大きさ。
kCGPDFCropBoxとかは、最適化して、画面の中央に置こうとしたときの大きさみたいなもの?

試しに計算してみると、

540+(27.61*2)=595.22
720+(61*2)=842

ピッタリ!

ということで、quartzで計算が大変になるから、使う時はkCGPDFMediaBoxを使った方がいいと思います。